プロダクトマネージャーの転職事情と求人情報を徹底解説

最終更新日:

2024年5月15日

ライター:

PM Career編集部

転職・キャリア情報

プロダクトマネージャーの転職事情と求人情報を徹底解説のサムネイル

プロダクトマネージャーとしての転職を考えている方に朗報です。この記事では、プロダクトマネージャーの転職市場の最新動向や、求められるスキル、効果的な転職活動の方法、面接対策のポイントなど、転職を成功させるために必要な情報を詳しく解説します。

IT業界で活躍したい方にとって、プロダクトマネージャーの職は非常に魅力的な選択肢の1つです。高い収入が期待できるだけでなく、製品開発の中心的な役割を担うことができ、やりがいのある仕事です。

この記事を読めば、プロダクトマネージャーとしての転職に必要なスキルや経験、効果的な求人探しの方法、面接対策など、転職活動の全体像が把握できるでしょう。ぜひ、プロダクトマネージャーへの転職を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

〜 転職・キャリア面談を受付中 〜

キャリアにお悩みの方・転職検討中の方はキャリア面談をどうぞ!

キャリア面談で相談する

プロダクトマネージャーの転職市場動向

IT業界を中心に製品開発やサービス展開が活発化する中、プロダクトマネージャーの需要は高まっています。一方で、プロダクトマネージャーの経験者は依然として不足しており、優秀な人材を獲得するための企業間競争が激化しています。

このような状況は、プロダクトマネージャーとしてのキャリアアップを目指す人にとって好機となっています。適切なスキルセットと経験を持っていれば、より高い報酬を得られる可能性があるためです。

プロダクトマネージャーの需要と供給の現状

デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、プロダクトマネージャーの需要が急増している一方で、 供給が追いついていないのが現状です。86.1%の企業がDX人材不足を感じており、優秀なプロダクトマネージャーの確保が課題となっています。

需要の高まりに対して供給が追いついていないため、プロダクトマネージャー人材の獲得競争が激しくなっているのです。

プロダクトマネージャーの平均年収と転職による変化

プロダクトマネージャーの平均年収は約746万円と、全職種平均を200万円以上上回る高水準です。経験年数によって大きく変動し、5年未満で約450万円が、10年以上のベテランでは900万円以上となります。

つまり、プロダクトマネージャーは経験を積めば積むほど年収アップが見込め、転職により経験年数の浅い方が年収を大きく伸ばせる可能性があるのです。

プロダクトマネージャーに求められるスキルと経験

プロダクトマネージャーには、製品やサービスの企画から市場投入、改善に至るまで、 全体を統括する役割が求められます。そのためには以下のスキルと経験が不可欠です。

  • ビジネス理解力:顧客ニーズや市場動向を的確に捉える力
  • テクノロジー理解力:製品の技術的側面を理解する力
  • プロダクト開発プロセスの知識:企画から開発、市場投入までの一連のプロセスを熟知していること
  • データ分析力:ユーザー行動データなどを分析し、製品改善につなげる力
  • コミュニケーション力:関係者間で円滑なコミュニケーションをとる力

加えて、プロダクトライフサイクル全体を俯瞰的に捉え、 企画から市場投入後の改善までを一貫して推進できる 実践的な経験と専門知識が求められます。

プロダクトマネージャーに必要な専門知識とスキル

プロダクトマネージャーには、プロダクトの企画から開発、リリース、さらには成長管理までを包括する幅広い知識とスキルが求められます。特に重要なのは以下のような能力です。

  • ユーザーニーズの把握力:顧客の本質的なニーズを的確に捉える
  • プロダクトロードマップ策定力:開発の方向性を明確に示す
  • 開発チームとの連携力:エンジニアリングチームと円滑にコミュニケーションを取る
  • マーケティング力:プロダクトの価値を適切に訴求する
  • データ分析力:プロダクトの課題や改善点を数値から見出す

加えて、自社のビジネスモデルや競合他社の動向を把握し、戦略的な思考ができることが求められます。チームマネジメントやコミュニケーション能力など、リーダーシップスキルも重要不可欠です。

プロダクトマネージャーは、プロダクトの一連のプロセスを実践的に経験することで、必要な専門知識とスキルを身につけることができます。企画からリリース後の成長管理に至るまで、一連の流れを理解し実践することが肝心です。

プロダクトマネージャーに有利な資格と経験

プロダクトマネージャーとして転職を有利に進めるには、関連する資格の取得や実務経験が重要です。まず、資格面では以下のようなものが有利となります。

  • PMP(Project Management Professional)
  • CSPO(Certified Scrum Product Owner)
  • CPBA(Certified Business Analyst)

これらの資格を取得することで、プロダクトマネジメントに必要な知識やスキルを客観的に証明できます。また、実務経験としては以下が求められます。

  • ユーザー理解、データ分析、プロジェクト管理
  • エンジニア、デザイナー、マーケターなど、さまざまな職種での経験

これらの経験を積むことで、プロダクトマネージャーに求められるコミュニケーション力や俯瞰力を身につけることができます。プロダクトマネージャーへの転職を目指す場合、自身の強みと弱みを把握し、必要な資格取得や経験の蓄積に取り組むことが重要です。

プロダクトマネージャーの転職活動のポイント

プロダクトマネージャーの転職活動では、自身のスキルとキャリアをアピールすることが重要です。まず、これまでの経験を整理し、プロダクトマネージャーとしてのキャリアパスを明確にしましょう。次に、専門知識や資格、実務経験など、求められるスキルを意識的に身につける必要があります。

応募書類の作成では、プロダクトマネージャーとしての実績や強みを丁寧に説明することが大切です。面接対策でも、企業の求める要件を理解し、自身の強みをアピールする必要があります。

転職活動の際は、プロダクトマネージャー特化のキャリアサポートを活用するのも一案です。専門のヘッドハンターに相談し、書類作成や面接対策などでサポートを受けられます。

プロダクトマネージャーの転職活動の進め方

プロダクトマネージャーの転職活動は、自身の経験やスキルを棚卸しし、志望する企業や職種を明確にすることから始まります。次に、キャリアビジョンに合った求人情報を収集し、応募書類の準備を行います。 履歴書やポートフォリオの作成、志望動機の検討を丁寧に行うことが重要です。さらに、面接対策も欠かせません。

プロダクトマネージャーに求められるスキル・経験を理解し、 自身の強みを明確に説明できるよう準備しましょう。

  • 自身の経験・スキルの棚卸し
  • 志望企業・職種の明確化
  • キャリアビジョンに合った求人情報収集
  • 履歴書・ポートフォリオ・志望動機の準備
  • プロダクトマネージャー向け面接対策

プロダクトマネージャーの志望動機の書き方

プロダクトマネージャーの志望動機を書く際は、単なる一般的な志望動機ではなく、自身の経験やスキル、そして企業への貢献意欲を具体的に示すことが重要です。

まず、これまでの経験から培ったプロダクト開発や市場分析などの専門知識を活かし、志望企業の課題解決に貢献できることを明確に伝えましょう。 また、「Will」として熱意を持ち、「Can」として適性があり、「Must」として企業が求めるスキルを有することを示すことで、志望動機の説得力が増します。

さらに、志望企業が求めるプロダクトマネージャーのスキルや経験を踏まえ、自身がどのように具体的に貢献できるかを記述することで、採用担当者の共感を得やすくなります。

プロダクトマネージャーの職務経歴書の書き方

プロダクトマネージャーの職務経歴書では、具体的な実績と経験を詳細に記載することが重要です。まず、これまでに携わったプロダクトの概要と、企画・開発・改善への関与内容を明記しましょう。 市場分析、ユーザーニーズの把握、KPI設定と分析など、プロダクトマネジメントの実務経験も加えます。

次に、チームマネジメント予算管理ステークホルダーとのコミュニケーションなど、 マネジメントスキルについても具体例を挙げて説明します。さらに、数値化できる実績を示すことで、自身の貢献度を明確にアピールできます。 例えば、以下のように記載します。

  • 新機能導入によりMAU(月間アクティブユーザー数)を20%増加
  • プロジェクト予算を前年比15%削減しながら、期日通り納品

このように、プロダクト開発からマネジメントまで、経験と実績を具体的に書くことが大切です。

プロダクトマネージャーの面接対策

プロダクトマネージャーの面接では、専門知識や経験に加え、課題解決力、リーダーシップ、コミュニケーション能力が問われます。

面接官は、過去の経験から具体的にどのようにプロダクトの開発やマネジメントを行ってきたかを確認します。また、論理的な説明力も評価されるため、質問に対して明確に答える必要があります。よく聞かれる質問は以下のようなものです。

  • 過去のプロジェクトの課題と解決策
  • ユーザーニーズの把握方法
  • チームマネジメントの経験
  • プロダクトロードマップの作成

面接では、自身のスキルと経験を具体例を挙げて説明し、プロダクトマネジメントへの熱意と適性をアピールすることが重要です。

プロダクトマネージャーの面接でよく聞かれる質問と回答例

プロダクトマネージャーの面接では、過去の実務経験から質問されることが多いです。具体的には以下のような質問が出される可能性があります。

  • プロダクトの課題認識と対処法
    過去にプロダクトで直面した課題とその解決策を具体例を挙げて説明する。
  • ユーザー理解の取り組み
    プロダクトのユーザー像をどのように把握し、ニーズを反映させてきたかを述べる。
  • KPIの設定と活用
    プロダクトの成果を測る指標をいかに設定し、改善に活かしてきたかを解説する。
  • プロジェクトマネジメントの経験
    プロジェクト遂行における具体的な役割と貢献について言及する。

このような質問に対しては、単に理論や概念を話すのではなく、実際の業務で行った具体的な取り組みとその成果をわかりやすく説明することが肝心です。自身の強みや経験を的確に伝えることで、面接官の評価を高められます。

プロダクトマネージャーの面接で自分をアピールする方法

面接では経験や実績を具体的に説明し、プロダクトマネージャーとしての適性を示すことが重要です。過去のプロジェクト経験を詳しく説明し、自身の役割と成果を明確化しましょう。また、ユーザーニーズを捉えた提案や、プロダクトの改善への取り組みを具体例を挙げて説明すると良いでしょう。

面接官の質問に対しては、論理的かつ簡潔に自身の考えを伝えることが求められます。優れたコミュニケーション力を発揮し、プロダクトマネージャーに求められる能力をアピールしましょう。

プロダクトマネージャーの求人情報の探し方

プロダクトマネージャーの求人情報を探す際は、複数の情報源を活用することが重要です。 求人サイトだけではなく、PM Careerのようなプロダクトマネージャー専門のキャリアサイトを利用すると、 より詳細な求人情報や企業情報を得られます。さらに、SNSやコミュニティサイトも有効な情報源となります。これらを活用すると

  • 非公開の求人情報
  • 企業の内部情報
  • ネットワーキングの機会

などを見つけられる可能性があります。

プロダクトマネージャーの求人情報を探すならPM Careerがおすすめ

プロダクトマネージャーの求人情報を探すなら、日本で唯一プロダクト開発の専門家が運営しているPM Careerがおすすめです。PM Careerはプロダクトマネージャーに特化し、プロ目線で厳選した企業を紹介しています。カウンセラーがキャリアに合う企業を提案してくれるだけではなく、転職やスキルアップ、面談対策などの様々なアドバイスを受けられます。

面談対策などで転職活動を徹底サポートしてくれます。

また転職活動中は、プロダクトマネージャーのスキルアップに特化したPM Schoolの全コンテンツを利用できるのも心強いです。

プロダクトマネージャーの求人情報の見方と応募のポイント

プロダクトマネージャーの求人情報を見る際は、以下の点に注目しましょう。

  • 職務内容や必要スキル
    求人に記載された職務内容や必要スキルを確認し、自身の経験やスキルとマッチしているかどうかを見極めます。
  • キャリア要件
    求められる経験年数や資格要件などを確認し、自身が要件を満たせるかを判断します。
  • 給与水準
    提示された給与水準が、自身のキャリアステージや市場相場と見合っているかを検討しましょう。業界や企業規模によって給与水準は異なります。

応募の際は、以下の点に気をつけましょう。

  • 職務経歴書の作成:求人票の要件に合わせて、自身の経験やスキルをアピールする内容にします。
  • カバーレターの作成:志望動機や自己PRを分かりやすく記載し、企業への熱意を示します。

丁寧な応募書類の作成と、求人要件との照らし合わせが、プロダクトマネージャー求人への応募のポイントです。

プロダクトマネージャーの転職成功事例

プロダクトマネージャーの転職成功事例を見ると、多様な経験と強みを持つ人材が、様々な企業や分野で活躍していることがわかります。

例えば、hrテック企業に転職した人材は、人のライフタイムバリューを高めるプロダクトに強い関心を持ち、プロダクトだけでなく事業領域にも踏み込んで貢献することが評価されました。一方、大手IT企業に転職した人材は、これまでの経験を活かしつつ、新しいチャレンジにも意欲的に取り組む姿勢が高く評価されています。

また、スタートアップ企業で活躍するプロダクトマネージャーは、柔軟な発想力とリーダーシップが買われ、プロダクト開発から事業戦略の立案まで幅広く貢献しています。

大手IT企業へプロダクトマネージャーとして転職した事例

Aさんは、スタートアップ企業でプロダクトマネージャーとして経験を積んだ後、大手IT企業への転職を決意しました。自身のスキルと実績をアピールし、面接を経て、見事大手IT企業のプロダクトマネージャーに採用されました。

新しい環境では、より大規模なプロダクト開発に携わることができるようになりました。大手企業ならではの安定した経営基盤と豊富な開発リソースを活かし、これまで以上に影響力の大きいプロダクトの立ち上げに挑戦しています。

スタートアップ企業でプロダクトマネージャーとして活躍している事例

スタートアップ企業では、プロダクトの成長段階に合わせて柔軟にプロダクトマネージャーの役割を変化させることが求められます。例えば、人工知能スタートアップでは、プロダクトマネージャーが製品の企画から開発、ユーザーフィードバックの取得、改善施策の立案など、プロダクトライフサイクル全体で活躍しています。

また、決済サービスのスタートアップでは、プロダクトマネージャーがユーザーニーズを把握し、開発チームと連携しながら製品の改善に取り組んでいます。ユーザーの生の声を収集し、それを製品の機能設計に活かすことで、ユーザー体験の向上を図っているのです。

つまり、スタートアップでのプロダクトマネージャーには、柔軟性とアジリティが求められます。

  • 変化の激しい環境の中で
  • ユーザーニーズに寄り添いながら
  • 製品を成長させていく力が重要

となります。

まとめ:プロダクトマネージャーの転職を成功させるために

プロダクトマネージャーへの転職を成功させるには、必要な専門知識・スキルを身につけることが不可欠です。
製品の企画から開発、マーケティングまで幅広い知見が求められるため、関連する資格の取得や実務経験の積み重ねが重要になります。

また、効果的な転職活動を行うことも欠かせません。志望動機や職務経歴書の作成、面接対策など、入念な準備が必要不可欠です。求人情報サイトを上手に活用し、自分に合った企業を見つけることが肝心です。

IT業界で需要が高まるプロダクトマネージャーですが、未経験からでも十分にチャンスがあります。
適切な準備と努力を重ねれば、夢の転職を実現できます。

転職相談をしたい方はキャリア面談をどうぞ!

お困りのことがあればキャリア面談をご利用ください!プロダクト開発人材がどのように市場価値を高められるかアドバイスを差し上げます。

1. 転職活動をしている・これから開始する

2. 将来的に転職をしたい・市場価値を知りたい

3. 転職で年収を上げたい

キャリア面談で相談する

厳選されたプロダクト開発企業
一流プロダクト開発人材の出会い

チームをイメージした画像

関連する記事

  1. トップページ
  2. 記事一覧
  3. 転職・キャリア情報
  4. プロダクトマネージャーの転職事情と求人情報を徹底解説