Articles

記事一覧

線の装飾画像
プロダクトマネージャーの転職事情と求人情報を徹底解説のサムネイル

転職・キャリア情報

プロダクトマネージャーの転職事情と求人情報を徹底解説

プロダクトマネージャーとしての転職を考えている方に朗報です。この記事では、プロダクトマネージャーの転職市場の最新動向や、求められるスキル、効果的な転職活動の方法、面接対策のポイントなど、転職を成功させるために必要な情報を詳しく解説します。IT業界で活躍したい方にとって、プロダクトマネージャーの職は非常に魅力的な選択肢の1つです。高い収入が期待できるだけでなく、製品開発の中心的な役割を担うことができ、やりがいのある仕事です。この記事を読めば、プロダクトマネージャーとしての転職に必要なスキルや経験、効果的な求人探しの方法、面接対策など、転職活動の全体像が把握できるでしょう。ぜひ、プロダクトマネージャーへの転職を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。〜 転職・キャリア面談を受付中 〜キャリアにお悩みの方・転職検討中の方はキャリア面談をどうぞ!キャリア面談で相談するプロダクトマネージャーの転職市場動向IT業界を中心に製品開発やサービス展開が活発化する中、プロダクトマネージャーの需要は高まっています。一方で、プロダクトマネージャーの経験者は依然として不足しており、優秀な人材を獲得するための企業間競争が激化しています。このような状況は、プロダクトマネージャーとしてのキャリアアップを目指す人にとって好機となっています。適切なスキルセットと経験を持っていれば、より高い報酬を得られる可能性があるためです。プロダクトマネージャーの需要と供給の現状デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、プロダクトマネージャーの需要が急増している一方で、 供給が追いついていないのが現状です。86.1%の企業がDX人材不足を感じており、優秀なプロダクトマネージャーの確保が課題となっています。需要の高まりに対して供給が追いついていないため、プロダクトマネージャー人材の獲得競争が激しくなっているのです。プロダクトマネージャーの平均年収と転職による変化プロダクトマネージャーの平均年収は約746万円と、全職種平均を200万円以上上回る高水準です。経験年数によって大きく変動し、5年未満で約450万円が、10年以上のベテランでは900万円以上となります。つまり、プロダクトマネージャーは経験を積めば積むほど年収アップが見込め、転職により経験年数の浅い方が年収を大きく伸ばせる可能性があるのです。プロダクトマネージャーに求められるスキルと経験プロダクトマネージャーには、製品やサービスの企画から市場投入、改善に至るまで、 全体を統括する役割が求められます。そのためには以下のスキルと経験が不可欠です。ビジネス理解力:顧客ニーズや市場動向を的確に捉える力テクノロジー理解力:製品の技術的側面を理解する力プロダクト開発プロセスの知識:企画から開発、市場投入までの一連のプロセスを熟知していることデータ分析力:ユーザー行動データなどを分析し、製品改善につなげる力コミュニケーション力:関係者間で円滑なコミュニケーションをとる力加えて、プロダクトライフサイクル全体を俯瞰的に捉え、 企画から市場投入後の改善までを一貫して推進できる 実践的な経験と専門知識が求められます。プロダクトマネージャーに必要な専門知識とスキルプロダクトマネージャーには、プロダクトの企画から開発、リリース、さらには成長管理までを包括する幅広い知識とスキルが求められます。特に重要なのは以下のような能力です。ユーザーニーズの把握力:顧客の本質的なニーズを的確に捉えるプロダクトロードマップ策定力:開発の方向性を明確に示す開発チームとの連携力:エンジニアリングチームと円滑にコミュニケーションを取るマーケティング力:プロダクトの価値を適切に訴求するデータ分析力:プロダクトの課題や改善点を数値から見出す加えて、自社のビジネスモデルや競合他社の動向を把握し、戦略的な思考ができることが求められます。チームマネジメントやコミュニケーション能力など、リーダーシップスキルも重要不可欠です。プロダクトマネージャーは、プロダクトの一連のプロセスを実践的に経験することで、必要な専門知識とスキルを身につけることができます。企画からリリース後の成長管理に至るまで、一連の流れを理解し実践することが肝心です。プロダクトマネージャーに有利な資格と経験プロダクトマネージャーとして転職を有利に進めるには、関連する資格の取得や実務経験が重要です。まず、資格面では以下のようなものが有利となります。PMP(Project Management Professional)CSPO(Certified Scrum Product Owner)CPBA(Certified Business Analyst)これらの資格を取得することで、プロダクトマネジメントに必要な知識やスキルを客観的に証明できます。また、実務経験としては以下が求められます。ユーザー理解、データ分析、プロジェクト管理エンジニア、デザイナー、マーケターなど、さまざまな職種での経験これらの経験を積むことで、プロダクトマネージャーに求められるコミュニケーション力や俯瞰力を身につけることができます。プロダクトマネージャーへの転職を目指す場合、自身の強みと弱みを把握し、必要な資格取得や経験の蓄積に取り組むことが重要です。プロダクトマネージャーの転職活動のポイントプロダクトマネージャーの転職活動では、自身のスキルとキャリアをアピールすることが重要です。まず、これまでの経験を整理し、プロダクトマネージャーとしてのキャリアパスを明確にしましょう。次に、専門知識や資格、実務経験など、求められるスキルを意識的に身につける必要があります。応募書類の作成では、プロダクトマネージャーとしての実績や強みを丁寧に説明することが大切です。面接対策でも、企業の求める要件を理解し、自身の強みをアピールする必要があります。転職活動の際は、プロダクトマネージャー特化のキャリアサポートを活用するのも一案です。専門のヘッドハンターに相談し、書類作成や面接対策などでサポートを受けられます。プロダクトマネージャーの転職活動の進め方プロダクトマネージャーの転職活動は、自身の経験やスキルを棚卸しし、志望する企業や職種を明確にすることから始まります。次に、キャリアビジョンに合った求人情報を収集し、応募書類の準備を行います。 履歴書やポートフォリオの作成、志望動機の検討を丁寧に行うことが重要です。さらに、面接対策も欠かせません。プロダクトマネージャーに求められるスキル・経験を理解し、 自身の強みを明確に説明できるよう準備しましょう。自身の経験・スキルの棚卸し志望企業・職種の明確化キャリアビジョンに合った求人情報収集履歴書・ポートフォリオ・志望動機の準備プロダクトマネージャー向け面接対策プロダクトマネージャーの志望動機の書き方プロダクトマネージャーの志望動機を書く際は、単なる一般的な志望動機ではなく、自身の経験やスキル、そして企業への貢献意欲を具体的に示すことが重要です。まず、これまでの経験から培ったプロダクト開発や市場分析などの専門知識を活かし、志望企業の課題解決に貢献できることを明確に伝えましょう。 また、「Will」として熱意を持ち、「Can」として適性があり、「Must」として企業が求めるスキルを有することを示すことで、志望動機の説得力が増します。さらに、志望企業が求めるプロダクトマネージャーのスキルや経験を踏まえ、自身がどのように具体的に貢献できるかを記述することで、採用担当者の共感を得やすくなります。プロダクトマネージャーの職務経歴書の書き方プロダクトマネージャーの職務経歴書では、具体的な実績と経験を詳細に記載することが重要です。まず、これまでに携わったプロダクトの概要と、企画・開発・改善への関与内容を明記しましょう。 市場分析、ユーザーニーズの把握、KPI設定と分析など、プロダクトマネジメントの実務経験も加えます。次に、チームマネジメント予算管理ステークホルダーとのコミュニケーションなど、 マネジメントスキルについても具体例を挙げて説明します。さらに、数値化できる実績を示すことで、自身の貢献度を明確にアピールできます。 例えば、以下のように記載します。新機能導入によりMAU(月間アクティブユーザー数)を20%増加プロジェクト予算を前年比15%削減しながら、期日通り納品このように、プロダクト開発からマネジメントまで、経験と実績を具体的に書くことが大切です。プロダクトマネージャーの面接対策プロダクトマネージャーの面接では、専門知識や経験に加え、課題解決力、リーダーシップ、コミュニケーション能力が問われます。面接官は、過去の経験から具体的にどのようにプロダクトの開発やマネジメントを行ってきたかを確認します。また、論理的な説明力も評価されるため、質問に対して明確に答える必要があります。よく聞かれる質問は以下のようなものです。過去のプロジェクトの課題と解決策ユーザーニーズの把握方法チームマネジメントの経験プロダクトロードマップの作成面接では、自身のスキルと経験を具体例を挙げて説明し、プロダクトマネジメントへの熱意と適性をアピールすることが重要です。プロダクトマネージャーの面接でよく聞かれる質問と回答例プロダクトマネージャーの面接では、過去の実務経験から質問されることが多いです。具体的には以下のような質問が出される可能性があります。プロダクトの課題認識と対処法過去にプロダクトで直面した課題とその解決策を具体例を挙げて説明する。ユーザー理解の取り組みプロダクトのユーザー像をどのように把握し、ニーズを反映させてきたかを述べる。KPIの設定と活用プロダクトの成果を測る指標をいかに設定し、改善に活かしてきたかを解説する。プロジェクトマネジメントの経験プロジェクト遂行における具体的な役割と貢献について言及する。このような質問に対しては、単に理論や概念を話すのではなく、実際の業務で行った具体的な取り組みとその成果をわかりやすく説明することが肝心です。自身の強みや経験を的確に伝えることで、面接官の評価を高められます。プロダクトマネージャーの面接で自分をアピールする方法面接では経験や実績を具体的に説明し、プロダクトマネージャーとしての適性を示すことが重要です。過去のプロジェクト経験を詳しく説明し、自身の役割と成果を明確化しましょう。また、ユーザーニーズを捉えた提案や、プロダクトの改善への取り組みを具体例を挙げて説明すると良いでしょう。面接官の質問に対しては、論理的かつ簡潔に自身の考えを伝えることが求められます。優れたコミュニケーション力を発揮し、プロダクトマネージャーに求められる能力をアピールしましょう。プロダクトマネージャーの求人情報の探し方プロダクトマネージャーの求人情報を探す際は、複数の情報源を活用することが重要です。 求人サイトだけではなく、PM Careerのようなプロダクトマネージャー専門のキャリアサイトを利用すると、 より詳細な求人情報や企業情報を得られます。さらに、SNSやコミュニティサイトも有効な情報源となります。これらを活用すると非公開の求人情報企業の内部情報ネットワーキングの機会などを見つけられる可能性があります。プロダクトマネージャーの求人情報を探すならPM Careerがおすすめプロダクトマネージャーの求人情報を探すなら、日本で唯一プロダクト開発の専門家が運営しているPM Careerがおすすめです。PM Careerはプロダクトマネージャーに特化し、プロ目線で厳選した企業を紹介しています。カウンセラーがキャリアに合う企業を提案してくれるだけではなく、転職やスキルアップ、面談対策などの様々なアドバイスを受けられます。面談対策などで転職活動を徹底サポートしてくれます。また転職活動中は、プロダクトマネージャーのスキルアップに特化したPM Schoolの全コンテンツを利用できるのも心強いです。プロダクトマネージャーの求人情報の見方と応募のポイントプロダクトマネージャーの求人情報を見る際は、以下の点に注目しましょう。職務内容や必要スキル求人に記載された職務内容や必要スキルを確認し、自身の経験やスキルとマッチしているかどうかを見極めます。キャリア要件求められる経験年数や資格要件などを確認し、自身が要件を満たせるかを判断します。給与水準提示された給与水準が、自身のキャリアステージや市場相場と見合っているかを検討しましょう。業界や企業規模によって給与水準は異なります。応募の際は、以下の点に気をつけましょう。職務経歴書の作成:求人票の要件に合わせて、自身の経験やスキルをアピールする内容にします。カバーレターの作成:志望動機や自己PRを分かりやすく記載し、企業への熱意を示します。丁寧な応募書類の作成と、求人要件との照らし合わせが、プロダクトマネージャー求人への応募のポイントです。プロダクトマネージャーの転職成功事例プロダクトマネージャーの転職成功事例を見ると、多様な経験と強みを持つ人材が、様々な企業や分野で活躍していることがわかります。例えば、hrテック企業に転職した人材は、人のライフタイムバリューを高めるプロダクトに強い関心を持ち、プロダクトだけでなく事業領域にも踏み込んで貢献することが評価されました。一方、大手IT企業に転職した人材は、これまでの経験を活かしつつ、新しいチャレンジにも意欲的に取り組む姿勢が高く評価されています。また、スタートアップ企業で活躍するプロダクトマネージャーは、柔軟な発想力とリーダーシップが買われ、プロダクト開発から事業戦略の立案まで幅広く貢献しています。大手IT企業へプロダクトマネージャーとして転職した事例Aさんは、スタートアップ企業でプロダクトマネージャーとして経験を積んだ後、大手IT企業への転職を決意しました。自身のスキルと実績をアピールし、面接を経て、見事大手IT企業のプロダクトマネージャーに採用されました。新しい環境では、より大規模なプロダクト開発に携わることができるようになりました。大手企業ならではの安定した経営基盤と豊富な開発リソースを活かし、これまで以上に影響力の大きいプロダクトの立ち上げに挑戦しています。スタートアップ企業でプロダクトマネージャーとして活躍している事例スタートアップ企業では、プロダクトの成長段階に合わせて柔軟にプロダクトマネージャーの役割を変化させることが求められます。例えば、人工知能スタートアップでは、プロダクトマネージャーが製品の企画から開発、ユーザーフィードバックの取得、改善施策の立案など、プロダクトライフサイクル全体で活躍しています。また、決済サービスのスタートアップでは、プロダクトマネージャーがユーザーニーズを把握し、開発チームと連携しながら製品の改善に取り組んでいます。ユーザーの生の声を収集し、それを製品の機能設計に活かすことで、ユーザー体験の向上を図っているのです。つまり、スタートアップでのプロダクトマネージャーには、柔軟性とアジリティが求められます。変化の激しい環境の中でユーザーニーズに寄り添いながら製品を成長させていく力が重要となります。まとめ:プロダクトマネージャーの転職を成功させるためにプロダクトマネージャーへの転職を成功させるには、必要な専門知識・スキルを身につけることが不可欠です。製品の企画から開発、マーケティングまで幅広い知見が求められるため、関連する資格の取得や実務経験の積み重ねが重要になります。また、効果的な転職活動を行うことも欠かせません。志望動機や職務経歴書の作成、面接対策など、入念な準備が必要不可欠です。求人情報サイトを上手に活用し、自分に合った企業を見つけることが肝心です。IT業界で需要が高まるプロダクトマネージャーですが、未経験からでも十分にチャンスがあります。適切な準備と努力を重ねれば、夢の転職を実現できます。転職相談をしたい方はキャリア面談をどうぞ!お困りのことがあればキャリア面談をご利用ください!プロダクト開発人材がどのように市場価値を高められるかアドバイスを差し上げます。1. 転職活動をしている・これから開始する2. 将来的に転職をしたい・市場価値を知りたい3. 転職で年収を上げたいキャリア面談で相談する
PM Careerとは?提供価値と人材エージェントおすすめ活用法のサムネイル

転職・キャリア情報

PM Careerとは?提供価値と人材エージェントおすすめ活用法

PM Career責任者のShinです。この記事はPM Careerが提供できることについて解説した記事です。日本でも転職する人が一般的になってきましたが、まだまだ転職の知識がない人が多いためそもそも人材エージェントとは何か?を知らない人も多いので、転職活動をする前にPM転職市場とPM Careerについてぜひ知っておいてください。転職活動でよくある3つの失敗失敗1:有名企業だけを受けて落ち続ける自主応募をして最も転職活動に失敗する人の多くはこれです。有名IT企業(メルカリ、SmartHR、マネーフォワードなど)ばかり受けて全然内定が出ないので「自分にはPM転職は無理かも…」と自信をなくすパターンですね。転職活動では自分に合った求人に応募することが何より大事なのですが、とりあえず有名だから・知っているからという理由だけで選考先を決めてしまうのは転職慣れしていない人ほどよくやる失敗です。失敗2:高すぎるレベルの求人に応募して落ち続ける失敗1と関連しますが、求人には表立って書いていなくとも「スキルのレベル」があります。PMで言えば、実務経験3年前後なのか8年以上なのか、エンジニア経験が必須なのか等です。これを把握しないまま受けたところで内定が出ないだけなので時間を無駄に使うことになってしまいます。とはいえ、このレベルを自分で把握するのはシニアPM以上のスキルが求められるので、ほとんどの人には不可能です。この求人の選定はプロに頼ることをおすすめします。失敗3:職務経歴書や面接に不慣れで落ち続ける転職活動の成功に欠かせない職務経歴書ですが、正直言うとかなり内容が分かりにくい、伝わらないドキュメントを作ってしまう人が多いのです。ここでつまづくと、内定が出る確率が一気に下がってしまいます。また、面接でも何を聞かれるのか把握していないまま臨んで失敗する人も後を絶ちません。なんとか対策しようとしても、こういった転職活動の対策は特に日本だとする機会がほとんどないので自力だと上手くできないことがほとんどです。そのまま転職活動をすると、なかなか内定が出ないまま自信を失くす負のスパイラルに突入してしまいがちなのです。PM Careerの3つの特徴こういった転職活動のよくある失敗をふまえ、PM Careerでは実際に何をしてくれるの?という疑問にお答えしていきます。1. キャリアに役立つ情報提供とPM求人紹介PM Careerの利用者はキャリア面談で自分のキャリア・市場価値の上げ方を相談できます。私をはじめ運営メンバーは全員プロダクト開発に知見のある人間なので、PM採用市場で「今どんな人材が求められているか」を熟知しています。人それぞれのキャリアフェーズに合わせた最適なアドバイスと求人をご提案し、最も市場価値が高まるように全力でサポートいたします。キャリア面談面談でまずは最適なキャリアのご相談に乗っていますので、何をしているかこちらをご覧ください。キャリア面談って何するの?PM Careerで大事にしている3つのこと求人に関しても、世の中には星の数ほどの会社と転職サイトがあるので、その中から自力で求人を探すのはひと苦労です。特にPMの求人だと、プロジェクトマネージャーやエンジニア、ひどい時はコンサルタントの求人ばかりレコメンドされることもあるでしょう。実際、私が某スカウトサイトに登録しているとそんなスカウトメールばかり来ます。正直うんざりしますよね。PM CareerではPMに特化した100以上の求人の中から最もおすすめできるものをピックアップしています。PMの転職はPMのプロが厳選した求人が最も内定が出やすいと断言できます。2. プロからの選考対策フィードバックPM Careerは転職活動中に選考突破しやすくなるコンテンツを提供しています。PM転職・完全マニュアルPM選考よくある質問集PM転職対策講座の動画講義(PM School内)職務経歴書と面接対策フィードバック(選考に落ちた場合)フィードバックと改善点の提案一般的な人材エージェントだと自力で選考を受けて終わりなことがほとんどですが、PM Careerはスキル面だけでなく落選した場合の理由も分析したうえで今後どう内定を取っていけるかをフィードバックしPDCAを回すことができます。3. 専属コンシェルジュによる日程調整・エントリーなどの雑務代行実際に転職活動をするとなると意外なほどやることが多いものです。エントリー書類の作成だけでなくリサーチや選考の日程調整、内定が出た後も入社までずっと続きます。本質的に転職活動をするうえで誰がやっても同じタスクはPM Careerでは専属コンシェルジュが代行します。また、作成した職務経歴書へのフィードバックもしていますので、効率よく選考を進めやすくなります。人材エージェントを使わず自主応募をするデメリット人材エージェントを使わなくても転職活動はできます。しかし、自力でやることは大変なことも多いのです。具体的にどんな大変なことがあり、人材エージェントを使った方が良いのかを見ていきましょう。1:自分のスキルレベルに合った求人を自力で判断するのはほぼ不可能これが最も大きな理由です、自分に合った求人に応募しないと内定が出ないどころか悲惨な結果が続いて自信をなくしてしまいます。自分にスキルがないことより、適切な求人を選べないことが問題なのに自分のせいだと思ってしまうのは非常にもったいないです。自力で適切な求人を探すのは正直かなり難しいので、プロに頼ることをおすすめします。2:求人の「隠し要件」はプロでないと分からない実際の求人にある必須要件だけではない「隠し要件」があることは転職市場をよく知っている人でなければ知りません。例えば、この会社はエンジニア経験がないと内定が出ない、こっちの会社はPM実務経験8年はないと厳しい、などです。これは実際に何人も転職支援をしていなければ分からない情報なので、うまくエージェントの情報をもらって転職活動をしてください。3:求人情報を自力で探すのは時間がかかるほとんどの人が仕事をしながら転職活動を始めますが、ただでさえ忙しいのに求人情報のリサーチをするのはかなり大変です。それこそ山のようにある情報の中から、自分に適切なものを短時間で選ばなければいけません。転職エージェントを使うのは、リサーチにかける時間を短縮できる意味でも効果的なのです。4:日程調整などの雑務が増え忙しくなる選考が始まると仕事に加えて日程調整やメールやりとりが増えかなりマインドシェアを取られます。ここを専属コンシェルジュが代行してくれるのはかなり楽です。海外ではヘッドハンターがこういった雑務をやることが一般的できですが、日本だとまだあまり多くありません。PM Careerを使わないでも良い人の特徴では逆にPM Careerなど転職エージェントを使わない方がむしろ良い人を見ていきましょう。1.経営者など採用市場にとても詳しい人これはまさに私自身がそうですが、転職エージェントよりも情報を持っている、代替できない経験・実績がある場合は自力で進めてしまった方が良いです。経営者や事業売却をした人、採用する側にいたマネージャー層の人であれば正直自分で情報を選べるので自力で進めるほうが効率的でしょう。2. 新卒・第2新卒など社会人歴3年未満の人キャリアがまだ浅く若い人だと転職市場であまり受け入れてくれる企業が多くないため、今の会社やリファラル採用でよく知っている人のもとで働いてスキルアップすることをおすすめします。社会人歴3年未満の方だと、我々もご提案できる求人はあまり多くありません。3. 絶対に入りたい会社が決まっている人自分の人生で絶対にこの会社に入りたい、親戚や先輩がすでにいるので入りたい、など特殊な事情がある人は転職エージェントを使う必要はありません。私もリファラル採用で自分に合った求人への応募をスムーズに進められるならそれを推奨します。おわりに:転職エージェントの功罪PMCareerはプロダクトマネージャーに特化した転職支援・人材エージェントですが、転職活動において人材エージェントなんて正直頼りにならないと思っている人もいるでしょう。「人材エージェントって実際何をしてくれるのか分からない…」「過去に頼った人材エージェントは何もしてくれなかった…」「PMやプロダクト開発のことを何も知らない担当者で辛かった…」実際のところ、私は経営者で過去に人材エージェントに依頼をする側だったのですが、正直なところ良い体験をしたことはほとんどありません。ほとんどの会社が人材をただ紹介するだけで後は知らんぷり、ほぼ何もサポートをしてくれないことがほとんどでした。紹介する求人も全然合っていない、日程調整などもしてくれない、専門的な知識がないのでアドバイスもしてくれない、などという人材エージェントは正直かなり多かったです。我々はそういう「ただの人材の横流し」サービスにはならないようなこだわりを持ってサービスを提供しています。そのため、PM人材に特化しプロダクト開発に関わる人のキャリアを支援できるようにしているのです。これから転職をしたい方はぜひプロをうまく活用して、自分の市場価値を高めていってください!
キャリア面談って何するの?PM Careerで大事にしている3つのことのサムネイル

転職・キャリア情報

キャリア面談って何するの?PM Careerで大事にしている3つのこと

今回はPM Careerで転職候補者の方に実施している「キャリア面談」で具体的に何をしているのか?を解説してみます。正直相談するほどじゃないんだよな、何してるのか分からないから怖いなと思う人でもイメージを持ってもらえたら嬉しいです!※PM Careerのサービス全体についてはこちらの記事をご覧くださいPM Careerとは?提供価値と人材エージェントおすすめ活用法PM Careerのキャリア面談でやっている3つのこと1. 理想のキャリアをヒアリングキャリアに悩んだ時にまず考えるべきことは「どんな会社にも自由に入れるとしたら、どこを選ぶか?その理由は何か?」です。これを決めるためには、長期的になりたいビジネスパーソンとしての理想を具体的にすることが求められます。まずは理想を描き、そこに近づけるよう転職をすることが大事です。2. 理想に近づくための求人を紹介長期的になりたい自分になるため直近ではどんな企業でキャリアアップしていくべきなのか、次に選ぶべき会社を具体的に紹介します。自分がまだ知らない企業が、実は自分にとっては実は良いキャリアを歩める転職先であることも珍しくありません。これは私個人の経験則ですが、自力だけで探した企業がその人にとってベストな選択肢だったと思えたことは1回もありません。だいたいの人が、知名度だったり知人経由だったり限られた中でしか情報を得られていないのが実情です。客観的に見て、今必要なキャリアとして転職するならどこに入るべきか、をご提案していきます。3. 転職活動の進め方を決める日本は転職慣れしている人があまり多くないため、実際にどのように行動すれば良いかイメージが持てていない人も多くいます。職務経歴書や履歴書の準備、企業へのエントリーや選考対策などキャリアアップのためにやるべきことはたくさんあるので、プロのアドバイスをもらいながら実行していくことが大事です。まだどこの企業が良いか分からない人は、まずは選考ではなくカジュアル面談からエントリーすることをおすすめします。いくら第三者と議論をしても限界があり、やはりその企業の人と話すこと以上に生の情報が得られる方法はありません。お互いにマッチングするかどうかを測る場がカジュアル面談なので、積極的に利用しましょう。話してみると思ったよりずっと興味を持った、ということも非常に多いので食わず嫌いをせず色々な人と話すことでキャリアが拓かれていくでしょう。PM Careerのキャリア面談で「しないこと」一方でこんなイメージを持たれている方は少し認識を変えていただくと良いでしょう!1. 無理に転職をすすめること残念ながら、転職エージェントの中には無理やりエントリーさせるところも散見されます。実際のところ、PM Careerをはじめ優良な転職エージェントでは無理にエントリーをさせることはありません。実際にPM Careerのキャリア面談でのエントリーに進む率は5〜6割と言ったところです。今すぐ転職をしない方が、長期的に見てキャリアが描きやすくなることもあります。もちろん、今すぐ環境を変えた方が良い場合もあります。ケース・バイ・ケースですので、そこを判断するための時間がキャリア面談なのです。2. ただ求人だけを横流しで紹介することエントリーするとなって、求人を案内するだけで後は放置ということも珍しくありません。これも転職エージェント企業の良くないところです。大事なのはただ求人を知ることではなく「自分に合った求人」を知ることです。ここを提案することにPM Careerでは大事にしています。3. 今のキャリアを否定することキャリア面談では「自分なんて転職できるんだろうか」と不安な気持ちで参加される人も少なくありませんが大丈夫です。どんな人、ジュニアでもシニアでもその人に合った転職をすれば市場価値は後から付いてきます。自力でできないその選択のお手伝いをする場がキャリア面談なので、我々は今のキャリアを否定せず今後より良くなるための提案として色々な情報をお渡しする場がキャリア面談なのです。以上、なんとなくイメージを持ってもらえたでしょうか?キャリア面談はただ求人を紹介するだけでなく、キャリアごとに最適な情報を提供するための場です。キャリアについてご相談したいことがあればぜひご利用ください!
プロダクトマネージャーや求人企業に詳しいからこそ、安心して相談できました【PM Career内定者インタビュー】のサムネイル

転職事例

プロダクトマネージャーや求人企業に詳しいからこそ、安心して相談できました【PM Career内定者インタビュー】

PM Careerで見事内定を勝ち取った池子さんにお話を伺いました。転職先:株式会社アルファドライブ プロダクトマネージャーインタビュアー:佐々木 真今回の転職活動を振り返って感想はいかがでしたか?これまでのディレクターやプロジェクトマネージャー経験を振り返る中で、やりたいことや経験したことを活かせる場所、そしてキャリアの延長線を考えたときにプロダクトマネージャーというポジションにつきたいという思いが強まっていき、そんな中でPM Careerに出会いました。普通のエージェントだとプロダクトマネージャーのことを深く理解していないまま案内が来ると思うのですが、プロダクトマネージャーに詳しいPM Careerではスムーズに案内していただけたと思っています。企業の求めるプロダクトマネージャーを想像し、PM Careerからご紹介いただいた企業と実際に話してみると、結構相性がいいと感じました。結構しっくりくる面談から始まって面接の話もさせていただいて、その辺は比較的スムーズだったと思います。今回重要だと思ったのは、レアケースかもしれませんが、企業側の人と佐々木さんの距離がある程度近く、内部事情等を第三者視点から聞けたということです。受ける前に心の準備ができたり、どういう伝え方をすると伝わりやすい企業なのかということを事前に知れたりしたことは、結構大きかったと思っています。転職活動の中で会社によってプロダクトマネージャーの解釈に幅があるというか、まだまだ知られていない、けれどどんどん必要とされているポジションだと感じました。プロダクトマネージャーとしてこれまでの経験をどう活かせるのかは入ってみないとわからない、チャレンジだと思っています。なぜ転職しようと思ったのですか?新規事業を起こしているところを身近で見たり、その中で新しいことを吸収したりしたいと思ったからです。いつかは一時的なプロジェクトのような形でもいいので、事業オーナーになりたいと思っています。前々職の同僚がある企業と一緒に地域創生の事業開発のようなことをしていて、そういったことを見ていきたい、チャンスがあれば自分もやりたいと思ったからです。新規事業の良いことも悪いことも見れる、事業とは?ということを知れるのは大きいですね。転職活動ではどのようなポイントを見ましたか?今回で4社目なのですが、一番重要なのは内容やスキルよりも人柄、この人と一緒に働きたいということです。プロダクトマネージャーの仕事は、たぶんコミュニケーションが大多数を占めると思うんですよね。なのでコミュニケーションを取りやすかったり、コミュニケーションで環境をより良くしていけたり、そういうところを想像できる企業でないと良くないなと思っています。転職活動で困ったこと、苦労したことを教えてください他のキャリアやエージェントも使っていたのですが、案件の紹介料やプロダクトマネージャーではないポジションを案内されたり、よくわからない文章が流れてきたりして、印象が良くありませんでした。例えばデザインの経験があるからか、UI/UXデザイナーの求人が送られてきました。希望は結構伝えていて、たぶんあちらとしては裾を広げてみたらこういう求人もありますよという感じだと思うのですが、今回求めているポジションではなく伝わりきらなかったようです。業界の幅ならいいのですが、プロダクトマネージャーというポジションを外されるのは困りました。またWantedlyで自力で転職活動をやっていた時もあったのですが、自分の見たいものしか見れないし情報キャッチアップがしきれず理解が浅かったと思います。サイト等から企業に関する情報を探し、その情報のみで自分が共感する部分や本当にやりたいと思うかということを探っていくのは辛かったです。壁打ちしながらさらに深掘りをしてもらえる相手がいると、自分が内側の思っていることをもっと引き出せたのではないかと思います。例えばtoBとtoCの違いは、僕が考えるものとネットで調べた情報、実際に佐々木さんたちからいただいた情報という3つがあって、それらが揃って自分の中に落とし込めたと思っています。ただやはり自分で考えたものやネットの情報は表面的でリアル感がなく、toBやtoCを経験した人からのフィードバックをもらいたかったです。転職先の決め手は何でしたか?新規事業をやっているというところが、僕の中では結構大きかったです。僕自身スタートアップで立ち上げを経験したり、ベンダーやクライアントワークをやる中で、会社の中で他の企業の新規事業立ち上げプロダクトやウェブサービスを作ったりしてきましたのですが、その時が一番楽しかったですね。今の会社はそういったところをよりサポートできたり、コンプライアンスを加味した上でのSaaSプロダクトという珍しく尖っているプロダクトをやっていたりしていると思います。また、大企業の社員や優秀な方々のサポートをしていけるというのは、より面白いプロダクトや新規事業を身近で見れるのではないかという期待もありますね。新規事業では人が変わっていくところを見れると思うので、そういったところにも大変興味を持ちました。それに加えて、企業のユーザベースのマーケティングやデータベースがあること、リソースがたくさんあることは、他の企業には真似できないところだなと感じています。転職先でどんなことにチャレンジしたいですか?企業とタイアップして新規事業を創出している印象を受けるので、SaaSだけではなく新規事業もサポートしたいです。メディアが大きなところも結構興味があるので、そこも関わっていきたいですね。どうやってシナジーを出していくか、自分がどこまでできているのか気になります。プロダクトマネージャーの魅力を教えてください関わる部署や人が多いことは、とてもやりがいがあります。プロダクトマネージャーは、プロダクトを横断しながら育てていくというところが求められると思います。エンジニアやデザイナーはそういった横断的な動きができないと思うので、プロダクトマネージャーならではですよね。自分の性格的にも何でもかじりたい、いろいろな側面で見たいというのがあるので、そういう性格だからこそ向いているのかなとも思います。プロダクトマネージャーとしてキャリアを築こうと思ったときに、どんなことに悩みましたか?僕自身プロダクトマネージャーはまだあまり定義化されていないと思っていて、実際に何をやるのか、プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャーの違いといったことを動画や本で理解してすり合わせをしていきました。デザイン寄りのプロダクトマネージャーがいいのかエンジニア寄りのプロダクトマネージャーがいいのかというのは企業によって違っています。その企業の望むものが果たして自分とマッチングするのかというところは悩みましたね。また自分の周りにあまりプロダクトマネージャーがいなくて、具体的に相談できる人がいなかったということも不安でした。今回の転職では、今後どういうふうに進むべきなのか結構悩みました。シニアプロダクトマネージャーになっていくのか、マネージャー寄りになっていくのか、プロダクトマネージャーとして専門性を突き詰めていくのか。ただ確かなのは、テックに限らず、自分が考えたもので事業を持ちたい・作っていきたいということです。僕は不動産等のスタートアップを経験したので、例えば地域おこしの事業の一つとして空き家再生のような新しい形のファンドを作ったり、NFT等を使って再生するために何かやってみたり、そういったことにとても興味があります。また何か話題性を持たせて資金を集め、事業を起こすといったことも経験してみたいです。代表という枠には、あまりとらわれたくありません。プロダクトマネージャーのスキルは、将来的なキャリアにも活かせると思っています。PM Careerで良かったところを教えてくださいプロダクトマネージャーは広い業界で見るとニッチなポジションというか、曖昧で何でもやらないといけない、板挟みになるポジションだとは思います。そういったところを理解した方に導いてもらえる、相談できるのは、他のエージェントではなかなかできないのではないでしょうか。キャリアサポートで相談した中でAI系のSaaSプロダクトや金融系等をいろいろご紹介いただき、プロダクトマネージャーが活躍できる場所は意外とたくさんあるんだな、活躍できるところがどんどん増えていくのかなと感じました。企業の中ではプロダクトマネージャーの存在が結構重視され認知も上がってきていて、そういう人がいないとダメだよね、必要だよねという認識が広がってきてるのかなと思います。また、企業の中の事情に詳しいということも大きかったですね。どういうポイントが求められているのかという事前情報があったことにより、深掘りできたのはとてもよかったです。PM Careerに改善してほしいところを教えてくださいもっといろいろなプロダクトマネージャーの方とも話してみたかったです。僕はPM Careerから入っているのですが、先にPM Clubに入って佐々木さんや他の会員の方に触れていたら、もう少し軸が変わっていた可能性もあると思っています。なので転職活動をしている時に担当者だけではなく、同じプロダクトマネージャーとして働いてる方や、キャリアをサポートできるベテランの人と出会うチャンスが欲しかったです。これから転職活動をする人、新卒でプロダクトマネージャーを目指す人にアドバイスはありますか?プロダクトマネージャーはしっかり定義されていないからこそ何でもやってもいい、ある種面白みがあると思います。なので逆に定義しすぎてしまうと、それはプロダクトマネージャーではなくなってしまう可能性もあるのかなと思うので、いろいろ業務の幅を持つためチャレンジしてみるのは大切だと思います。テック系だけではなく、デザインも自分でやってみたり事業開発部と深く話してみたり、人事を手伝ってみたり、たぶん手伝ってほしいというところはたくさんあると思います。そういったところをやっていくうちにプロダクトマネージャーの楽しさや役割を自分なりに定義していって、社内でも社会でもバリューを出していけるといいのではないでしょうか。今度は自分がいろいろなPMの方のサポートをしていくというのは、一つの目安として重要なのかなと思いますのでチャレンジしていきたいですね。終わりに:インタビュアー佐々木の感想池子さんは早期にアルファドライブさんに志望を固めてそこに向けて準備をしてきました。長期的にやりたいこと・色々な想いがある中で次の転職ではそこに向かうため何をするべきか、どんな企業を選ぶべきか。これをしっかり考えられたからこそ良いキャリアアップにつながったのだと感じました。我々もPMの専門家集団としてキャリアをサポートできて大変光栄でした!今後の活躍が楽しみですね。
PM特化だったからこそ安心して転職相談ができました【PM Career内定者インタビュー】のサムネイル

転職事例

PM特化だったからこそ安心して転職相談ができました【PM Career内定者インタビュー】

今回はPM Careerで見事転職に成功した内定が決まった関口 悟さんにお話を伺いました!転職先:株式会社LegalOn Technologies プロダクトマネージャーインタビュアー:佐々木 真今回の転職活動を振り返って感想はいかがでしたか?全体的に面白かったです!僕は3年おきぐらいに転職モードに入れて、エージェントに声をかけて、広く自分の市場価値を確かめるということをやっています。転職活動には理想と現実とのギャップがあるので、何度かやっていないとその辺の楽しみ方が掴めないんですよね。自分のキャリアを市場にぶつけてみてフィードバックを受けて、その後どうするか考える。今回は、PMキャリアでプロダクトマネージャーに振り切って転職活動ができたのが本当に大きく、楽しかったです。プロダクトマネージャーから離れているというところをネガティブに捉える人もいる、評価しない会社もあるということがわかったのも良かったです。転職先の決め手は何でしたか?最も多きかったのはキャリアの多様性を評価していただいたことです。多様性を言語化して評価するのは難しいと思いますし、それをできる会社は少なかった印象です。例えばプロダクトが山ほどあるレガシーな企業の場合、自社に必要なプロダクトマネージャーが明確に定義できていないように思います。そのため、プロダクトマネージャー像が曖昧で幅がある中で、そこにはまりそうな人を採用してるんだろうなという感じがします。転職先企業はキャリアの多様性に価値を見出し、それをしっかり言語化されていて、自分を評価してくれたのが大きかったです。マネージャー経験が長かったのですが、転職先ではPMとしてプロダクトの現場に戻ることを選択したのはなぜですか?組織のマネジメントの面白さはありますが、それはどこでもやれると思っています。プロダクトマネージャーは社内のステークホルダーをプロダクトチームにしていくという感覚で、プロダクトをマネジメントしているけれど、プロダクトチームをマネジメントしてるのと同じで、これまでやってきたことを出せます。更に、これがプロダクトマネージャーの価値がぐんぐん上がっている要因であり、だからこそ人がいない。だからここをやりたいと思いました。何より、やはりプロダクトは面白いです。私はプロダクトマネージャーまで遠回りしたのですが、常に軸としてあるのはキャリアとしてユニーク性を作りたい、差別化を図りたいということです。私はチームマネジメントや一致育成も含めてやってきたので、そういう位置を伸ばしていき、プロダクトマネージャーの市場でもなるべくユニークなポジションにいたいと思っています。最近はプロダクトマネージャーでもアナリティクス寄りやウェブ寄りのように、少し細分化されてきていますよね。この細分化が進むと、よりユニーク性が求められると思います。今後プロダクトマネージャーとして、私が今まで経験してきたことの価値もより上がってくるのではないかと期待しています。PM Careerに相談し転職活動をしてみていかがでしたか?まず最初にプロダクトマネージャーに特化したサービスは世の中にほとんどなく、本当にぴったりでした。プロダクトマネジメントが好きだったので、プロダクトマネージャーを離れた後も情報収集をしていて、その流れでPM Clubコミュニティに入って勉強していたのが繋がったという感じです。元から知っていたこともあり、安心してお願いできました。またプロダクトマネージャーはそもそも業務内容がかなりふんわりしがちなので、実務経験のないエージェントに相談してもわかるはずがなく、自分の転職活動を任せるのはなかなか難しいと思っていました。PM特化になっていることは自分にとっては大きかったですね。その点でもPM Careerを使ったのは、絶対に良かったと思っていますPM Careerで良かったところを教えてください1つはプロダクトマネージャーに絞って転職活動できたことです。選考を受けた中には正直、PMの評価基準が曖昧だった企業もあって苦労したこともあったのですが、受けながら軌道修正し自分が価値を発揮できるプロダクトマネージャーを求めている企業に絞れました。自分のプロダクトマネージャー像と自分のキャリアとしてのプロダクトマネージャーをそのままぶつけて、そのまま反応が返ってくる、きちんとしたフィードバックが返ってくる。だから分かりやすかったですし、やっていて明確でやりやすかったです。もう1つは、ネガティブな情報や評価もすべてフィードバックしてくれたことです。何がダメだったのか言ってくれないと、わからないし改善できませんよね。そこが1番良かったですし、ネガティブな評価が返ってきても楽しめました。PM Careerで改善してほしいところを教えてください強いて言うなら、スケジューリングが大変でした。自分自身のスケジュールもコントロールしにくいのに、そこに3社4社の日程と合わせながら隙間を探すのは大変だと思います。また各社それぞれ担当者が別なので、3社4社と掛け合わせてやっているとどうしてもバッティングしてしまうこともあり、その調整も必要でした。スケジュールの作り方はかなり難しい、大変そうだなと思いました。これから転職活動をする人、新卒でプロダクトマネージャーを目指す人にアドバイスはありますか?転職は、自分に余裕があるときにやるべきなんじゃないかなという気がしています。転職が切実になっていたり余裕のないときに始めてしまったりすると、ネガティブスタートになりやすく、どこかで妥協のスイッチが入ってしまうと思います。転職そのものがポジティブで自分にとって前向きなアクションになってくると、流動性が高まる、市場全体も流動性が高まっていく。後は本当にタイミングだけだと思います。それと、新卒ですぐにプロダクトマネージャーを目指すのはおすすめしません。エンジニアや営業、ディレクターなどの経験をいくつか積んで、ようやくプロダクトマネージャーを目指すステージに立てると感じます。例えばエンジニアだったら、プロダクト的な意識が強いなら、どこかでエンジニアをやりながら顧客のところに足を向けるなどで、キャリアの幅を広げていった方がいいと思います。キャリアにプロダクト的思考をプラスすることを意識するといいのではないでしょうか。終わりに:インタビュアー佐々木の感想ふつう転職活動はつらい、否定されたという感想を持つ人が多い中で関口さんは上手に楽しみ方を知っている方ですごいなと思いました!ただおっしゃる通り転職活動というものは本リアは「自分がどう見られるかを知るプロセス」とも言えるなと改めて勉強になりました。自分と市場と向き合いキャリアアップを目指すことはきっとどんな人でも楽しめると思いますし、PM Careerでも関口さんのような方を増やしていきたいなと思えました。
  1. トップページ
  2. 記事一覧